前へ
次へ

レンガ風に見える外構工事が人気

角を立てて四角四面に塗った塀が主流だった一昔前と違い、家や庭、また駐車場もナチュラルが人気です。ガーデニングなどでも「シャビー」「エイジング」などといって、敢えて新品に錆びた加工やダメージ加工をしています。そのため、庭もナチュラルに使い込まれた雰囲気が重要視されるようです。外構工事業者でもアンティークな施工例が多くなってきました。建材も、例えば線路の古ぼけた枕木や角の落ちたレンガなどが人気ですが、何しろ高価です。そこで、最近の外構工事では安価でかつアンティークな仕上がりになる施工方法が開発されています。ある業者では、基本はコンクリートを打っておき、その上からアンティークな塗装をすることで「なんちゃってレンガ風」が人気だそうです。これはなんといっても材料費が安いため、費用が安くて済みます。また施工日数も短くてぱっと出来上がるので、不便な期間も短いです。人気のアンティーク風の庭づくりにはおすすめでしょう。

Page Top